美容鍼とヒト幹細胞培養美容液エステ
大阪 玉造の美容鍼サロン てのひら
Detoxのこと

リンパ節はゴミフィルター

メディカルデトックスの施術

このページは2019年8月7日に更新されました)

一般的に言われる「リンパ」とは、身体の中でいらなくなった老廃物を回収・排泄しるシステムのことを指し、

  • リンパ液(リンパ管を流れる液体)
  • リンパ管(リンパ液が流れる管)
  • リンパ節(老廃物や毒素のフィルター)

の総称です。

リンパ節を開くとはどういうことでしょうか?

老廃物が流れるフィルターのような役目をしているのが、リンパ節です。

このフィルターが目詰まりを起こしていると、老廃物がスムーズに流れないままになってしまいます。

今日はリンパ節の開け方についてお伝えします。

リンパ節はどこにある?

大きなリンパ節がある場所

  • 膝の裏
  • 鼠径(そけい)部
  • 下腹部
  • 鎖骨

自分で手が届くところを、気持ちのよい痛みを感じる程度の圧で揉みほぐすことで、リンパ節の目詰まりが徐々に解消されていき、老廃物が流れていきやすくなります。

痛みが強かったり、ゴリゴリとした感触がある場合は老廃物が溜まっている可能性が高いので1日1回でもいいので揉みほぐすことを続けることが大切です。

自分でできるリンパ節をあけるセルフマッサージ(膝裏編)

①ベビーオイルやクリームなどの摩擦を軽減するものを準備します。

②片側の足の膝を立てて座ります。

③オイルを膝から下全体に塗り、両手の親指を膝の裏のくぼみにあて、その他の指は自然に膝に沿わせます。

④膝裏にあてた両手の親指を上から下へ向かってゆっくりと少し力を入れながら滑らせ、これを繰り返します。

それぞれのリンパ節を、自分の手指を使って触ってみると固さなどがわかると思います。つまりのない柔らかいリンパ節を維持できるようコツコツと毎日続けましょう。