血流改善鍼治療

Acupuncture care 痛みの元となる血流を改善する治療

どうして鍼は効くの?

自律神経の乱れや疲労、筋肉の過緊張などの原因によって、体のすみずみへと新鮮な酸素と栄養を送る血液の流れが悪くなることで痛みやコリという症状が起こります。

鍼を体に刺すと、脳は外から異物が侵入してきた!と認識し侵入された場所へと血液(白血球)を送り修復させようと働きます。

ですからコリ固まった筋肉や痛みを起こしている部分に鍼をすることで、血流が良くなり栄養と酸素が流れやすくなるので筋肉が柔らかくなったり痛みが改善されるのです。

使い捨てのステンレス製の鍼

髪の毛よりも細い日本製

日本の病院や鍼灸院のほとんどは、使い捨ての鍼を使って施術しています。

日本国内のメーカーが製造しているステンレス製で、毛髪よりも細い鍼を使用しますので痛みはほとんどありません。
(※痛覚には個人差があります)

もみほぐしなどのボディマッサージでは、絶対届かない体の深い層でねじれたり固くなった筋肉に直接アプローチできるのが鍼治療の最大の長所です。

人間の体の構造や働きについて学び、国家資格を取得した女性鍼灸師が施術を行いますので安心してお体をお預けください。

東洋医学で診る全身治療

つぼを使って内臓へもアプローチ

鍼灸は欧米でも人気のある東洋医学です。

東洋医学では病を診るのではなく人を診るといわれており、全身に張り巡らされた経絡やツボに鍼をすることで内臓の機能を改善させることができます。

治療の流れと決済方法について

鍼治療は1回、約60分前後で¥7000(税込)です。

ご来店後、専用の治療用施術着にお着換えいただきます。
全身の状態をチェックし、痛みの改善や関節の動かし方などを調整し体のバランスを整えていきます。

初診のみ、カウンセリング料として治療費とは別に2000円(税込)がかかりますのでご了承ください。

施術後、ご自宅での過ごし方や気をつけていただきたい事をお伝えします。
お支払いは現金、もしくはPayPay決済もご利用いただけます。